熱中症

熱中症

熱中症の症状、対策、予防、応急措置について。 ひどくなると命をも脅かします。猛暑の夏には注意が必要です。

1キロ入り飴「塩あめ」伊豆大島深層海塩飴 徳用袋【マルエ製菓】熱中症対策にも!!【みぞた商店】1キロ入り飴「塩あめ」伊豆大島深層海塩飴...
924円
伊豆大島の海洋深層水から作られた塩飴、1キロ入り業務用袋。夏場の塩分補給などに。

Ads by 電脳卸
通販市場 > 熱中症

熱中症 症状

熱中症とは、暑さによって体に起こるいくつかの症状をを総称したものです。
体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がこもってしまう。 さらには、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、様々の体の症状を引き起こします。
軽症から重症に応じた症状は次のとおりです。
<軽度の症状> 腹痛、手足・腹筋のけいれん、数秒程度の失神、脈が速くなり呼吸が増加する、めまい
<中程度の症状> 頭痛、めまい、失神、吐き気、嘔吐、血圧低下など
<重度の症状> 意識障害、過呼吸、ショック症状
特に子供・乳幼児や高齢者の方は熱中症にかかりやすく、 また自分では容態の変化に気づきにくい傾向にあるので、 周囲の人間が注意を払ってあげる必要があります。

熱中症 対策

まずは予防が大事。 何に気をつければよいか知ることが必要です。
予防には、体調管理と水分補給がポイントとなります。
睡眠不足・過労・風邪などで体力が弱っているときには、 外出や運動を控えましょう。
直射日光を避ける、帽子や日傘を常用するといった普段からの対策が必要です。

それから、水分補給のポイント。
できるだけ、味のついていない真水を取ることが大事です。 お茶やジュース、アイスコーヒー、ビールなど利尿作用のある飲み物だと、 飲んだ量以上に尿として水分が排出されてしまうおそれがあります。
また、水分に加えて塩分の摂取も必要です。 それには、薄めのスポーツドリンクが最適です。 通常のスポーツドリンクだと糖分の取りすぎになってしまいます。

熱中症 措置

熱中症にかかってしまった場合には、 とにかく早く体温を下げることが重要です。
すでに述べた軽度の症状のうちに、応急措置を取りましょう。
まずは、涼しい場所に移動させます。 そしてタオルを水にぬらして体を拭いたり、うちわであおいであげる、全身に水をかけるなどを行います。
意識がしっかりしていて吐き気がないようなら、水分を取らせましょう。
前に述べた中程度の症状を起こしているようなら、迷わず救急車を呼びましょう。
重症化すると命に関わるものなので、ためらうことのないように。 救急車が着くまでは、体温を下げる措置を続けます。

熱中症 トップへ戻る

Copyright 2014 © 通販市場 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!